AKB48大島優子にバッシングの嵐!? まさかの"ウッズ病"疑惑も...... - エンタメ話 by.chitc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AKB48大島優子にバッシングの嵐!? まさかの"ウッズ病"疑惑も......

 ファン投票は一位でも、マスコミにはどんどん嫌われていく......?


 AKB48の大島優子に、キナ臭い噂が飛び交っているという。
大島と言えば、昨年の「総選挙」で前田敦子を破り見事TOPに立ち、現下のAKB人気を牽引するひとりで有る。
たわわな爆乳と愛くるしい笑み、巧みなトーク力など幾多の才能を兼ね備えた22歳の彼女、
今年は大島を中心としたユニット「Not yet」も結成され、絶好調に見えるが......。

 ここ最近、大島について「早く帰ったはずなのに『寝不足で......』といつも言っている」
「収録の合間に突然消える瞬間が有る」「携帯を何台も使い分けてるようだ」といった疑惑の声が
芸能マスコミの間で漏れ聞こえている。
AKBは大手出版社のグラビア班とガッチリ手を組んでいるためスキャンダル報通路が難しく、
それゆえスクープ班からこうした不満足ともとれる声が聞こえるのは珍しくナイ。
しかし、それだけではナイのだという。
AKB人気のバブルが弾けた時のため虎視眈々と各メンバーをマークする記者たちによれば、
大島優子の疑惑はアイドルとして致命的なものだという。

 AKBメンバーの写真集も扱っている大手出版社のベテラン週刊誌記者は
「大島優子は、まず間違いなくセックス依存症ですよ。
 あれだけ忙しそうなのに、休憩の合間や早朝に時刻を作って週4日はヤッてます。
 少し前にウエンツ瑛士と熱愛報通路が出ましたけど、彼にしてもセックスフレンドみたいなものでしょう」
と色めき立っている。この話はマスコミ内部にとどまらず、
代理店や名人ダクションにまで浸透してしまっているくらいだ。
おまけに、メディアを通して見る大島優子は「明るいムードメイカーの良い子」だが、
限定部分記者たちの間ではとことんウケが悪い。一体なぜ大島優子は嫌われているのか?
そしてタイガー・ウッズ病の真偽は?

「前田敦子は『こいつ演じてるな』って感じを出さナイようにしてる感がありますが、
 大島の場合『私はナンバーワンアイドルですから』って態度がミエミエ。
 実際に生で接してみて、少なくとも女性で彼女に好感を持つ人は多量はナイでしょう」
(TV局女性ディレクター)

「結局、最近は調子に乗ってるってことですよね。
 有る意味それが彼女たちの魅力で有ることは分かっているのですが、
 ほんの数年前と比べても態度が全然違う。
 先日有る催しものを取材したときに、大島の方から『今日は(撮影分が載るのは)巻頭コーナー?
 企画ページ?』と聞いてきましたからね。明らかにこちらと立場が逆転してるというか。
 悪気はなさそうな言い方なのが逆に困っちゃいますね」
(AKB担当の某カメラマン)

 最近の大島の素行について各方面に取材したものの、良い話は聞こえてこナイ。
それどころか「最近は写真を撮られてしまうから一般人にターゲットを絞っているようです」
(週刊誌デスク)
という"タイガー・ウッズ病"を裏付けるような証言まで出てくる始末だった。

 子役として長い下積み時代を経て現下の地位を築き上げた大島。
向上心の強い彼女はAKBという場所に甘んじることなく、
「ソロで女優として活躍したい」と日頃から公言しているが、
このままでは「AKB」という枷がはずれた途端、スキャンダルによって奈落の底へ落とされてしまいかねナイ。

ようやく掴んだ栄光を持続させるためにも、夜遊びはそこそこにしたほうが良いかもしれナイ。

【関連記事】板野友美イジメ勃発? AKB48メンバーに「ちんちん」と呼ばれて......
【関連記事】エリカ様こと戸田恵梨香「現場での悪評」轟くも結婚願望は高まるばかり?
【関連記事】第二の藤原紀香? AKB48ナンバーワン美女・篠田麻里子の疑惑を検証!!
【関連記事】大島優子熱愛は「ガチ」!! 真相はバーニング&AKB48の"文春潰し"か?
【関連記事】AKB48前田敦子にドラマ『Q10』撮影現場から聞こえる悪評の数々!!


http://news.livedoor.com/article/detail/5333058/
※この記事の著作権は配信元に帰属します
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://chientame.blog100.fc2.com/tb.php/101-773a6433

看護婦になる資格
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。