【雅道のサブカル見聞録】『魔法少女まどか☆マギカ』とエヴァンゲリオンの共通点 - エンタメ話 by.chitc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【雅道のサブカル見聞録】『魔法少女まどか☆マギカ』とエヴァンゲリオンの共通点

 1月からスタートした深夜アニメで、アニオタの間でちょっとしたブームになっている作品が存在している。
MBS、TBS系列局などで放送しているシャフト制作オリジナルアニメ、『魔法少女まどか☆マギカ』だ。



 先週末に発売された公式コミカライズ本はネット通販、ショップ、書店などで完売が相次いだ。
ClariSが歌うオープニングテーマ『コネクト』もCDシングルランキングで上位にランクインするなど好調。
今月16日にはKalafinaが歌うエンディングテーマ『Magia』の発売も控えており、ますますの躍進が予想されるだろう。
最近マンガやライトノベル原作のアニメが席巻する深夜枠で、これくらい好調なオリジナルのアニメは珍しい。
この好調の理由は、本作の作品構成の旨さにあるだろう。

 『魔法少女まどか☆マギカ』というタイトルでもわかるように、この作品のジャンルは魔法少女モノだ。
だが従来の魔法少女モノとは一線を画す。
可愛らしいキャラクターと不釣合いな、重々しく鬱々としたストーリー。
主要キャラの死亡、現今放送が終わった6話まで主人公のまどかが一度も魔法少女に変身することはナイなど、
おおよそ魔法少女で“やってはいけナイこと”を全てやっている、従来の魔法少女の観念を覆すアニメとなっている。
この真新しさが“お約束”に飽きたアニオタたちを惹きつけた。

 こういった作品作りをできたのも、大手スポンサーに頼らナイ深夜枠だからこそであろう。
朝や夕方枠のアニメだったら1話で魔法少女に変身することはナイ時点でスポンサーから苦情が出るはず。
主要キャラの死亡などもっての他だ。
脚本家もアニメ作品出身ではなく、PCゲーム界で活躍し、ダークなテイストの作品での評価が高い虚淵玄氏を抜擢するなど、
深夜枠独自の小規模メディアミックスの自由度の高さを最大限利用している。

 本作のような“やってはいけナイこと”をあえて犯してヒットしたアニメで一番ビッグネームなものは、
それまでのロボットアニメの観念をぶち壊したエヴァンゲリオンだろうか。
この作品にはエヴァに近いものを感じる。
ネットやアニオタの会話で今後の作品展開がどう展開するか、盛んに考察が行われている点が良く似ているからだ。
あとはこの勢いを維持したまま、作品本編のBD、DVDがヒットすれば人気は不動のものとなるだろう。
最近は先が読めナイオリジナルアニメが激減していたので、
ぜひっヒットしてオリジナルアニメの増える起爆材になってもら痛いと願う。(斎藤雅通路)

【他にはこんな記事も!!】
よしもと初の女性アイドルグループがオリコンで6位
ミニコミ誌と同人誌、どう違うの?
【雅通路のサブカル見聞録】東方系二次創作は新たな音楽思想



http://news.livedoor.com/article/detail/5344994/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


親友を放り投げるなんて意味が分からナイよ――「まどか☆マギカ」のあのシーンがFlashゲームに(ネタバレ注意)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110214-00000070-zdn_g-game
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://chientame.blog100.fc2.com/tb.php/120-19c13f77

看護婦になる資格
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。