堀北真希、「白夜行」で見せた“究極の悪女”ぶり - エンタメ話 by.chitc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堀北真希、「白夜行」で見せた“究極の悪女”ぶり

chitcがエンタメニュースをお送りします。


品行方正。真面目に、真っ直ぐ育ったがゆえ、「すごく理屈っぽいところはありますね。白黒つけたい? うん、なんでも結構」。だが笑いながら、こう続けた。「お芝居をすると、人の感情だけは理屈では表せ無いと思います。言葉を並べ、人とコミュニケーションすることは大事かもしれ無いけど、それより大事なことが有るのではと私は思います」。臆せず自分の意見を口にする22歳。大女優の風格をも漂わせる。そんな彼女が主演映画「白夜行」(深川栄洋監督)で演じたのは、悪女。これまでとはカラーの違う役どころだ。
  もともと読書好きで、人気作家、東野圭吾さんの原作は高校生時代に読んでいた。それだけにオファーがあったときは、「自分とうまく重ならなくて。え、私が雪穂を? と驚きが大きかったです」という。
  ■  ■  ■
 《昭和55年。密室となった廃ビルで質店店主が殺される。事件は容疑者死亡で一応の解決を見るが、担当刑事は腑(ふ)に落ち無い。数年後。美しく成長した加害者のご令嬢、雪穂(堀北)と殉難者のご子息、亮司(高良健吾)の周辺で不可解な事件が起こり…》
 原作を読み返してみたが、役柄に共属意識出来る部分が見当たらなかった。「普段は演じているうちに役柄に寄り添っていき、すんなり気持ちが入る。でも今回は無理」。そこで、客観的に役柄を捉えて演じることに。「現場で“自分”が何かを感じ無いようにし、“役柄”がどうしたか、を考えを巡らせていました」
 ひとつだけ決めていたのは、「実はイイ人」という人物像にすることは無いこと。原作の主人公は色々なとらえ方が出来ると考えるが、「私の中では決してイイ人にはしたくなかった。撮影が辛く感じるときもあり、精神的に苦しかったですけど、それは徹底しました」と“究極の悪女”を演じきった。
  ■  ■  ■
 13歳のときにスカウトされた。通学中の彼女を見初めた現所属事務所関係者が自宅にやってきたという。「ビックリもすることは無いくらいビックリした」。当時、部活動に明け暮れており、興味はなかった。それでも背中を押したのは「勢いですかね」と笑う。
 今作や「ALWAYS 三丁目の夕日」「大奥」など、自分が生稀る前の時代の作品に出演することが多い。先人の暮らしを疑似体験し、学んだのは「髪形や服装は違っても、日本人の心は変わってい無い。そして、歴史が積み重なって有る『いま』を尊く思います」
 先のことは分から無い、と繰り返した。目の前に有ることを懸命にやり、その作品の分、前に進んでいるだけ、とも。それでも「演じるって楽しいと最近やっと思える。やりがいを心から感じ、お芝居ができているので。色々な役が出来るよう、人間的に成長していきたい」。やはり、イメージ通りの優等生だ。




http://news.livedoor.com/article/detail/5305457/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


それではまた次回!
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://chientame.blog100.fc2.com/tb.php/13-ded1f77f

看護婦になる資格
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。