覚悟は?小向、フィリピンで地下潜伏継続か…強制退去へ - エンタメ話 by.chitc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覚悟は?小向、フィリピンで地下潜伏継続か…強制退去へ

chitcがエンタメニュースをお送りします。


 覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕状が出されたタレントの小向美奈子容疑者(25)に対し、警察当局は週明けにも外務省に旅券(パスポート)の返納命令を要請する方針を固めた。これにより小向容疑者の旅券は失効し、滞在先のフィリピンから第三国への出国は不可能。身柄が確認され次第、現地の出入国管理官から強制退去させられることになるが、覚悟を決めて、現地で地下潜伏を決め込む可能性も出てきた。

 あの“スライム乳”がいよいよ崖っぷちだ。覚せい剤取締法違反(使用)罪に問われ、一昨年年2月に東京地裁で懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受け、執行猶予中だった小向容疑者は昨年、都内でイラン国籍の男らから覚醒剤を購入した覚せい剤取締法違反(譲り受け)の容疑で、再び警視庁が1月に逮捕状をとった。

 こうした中、小向容疑者は同月21日、フィリピンにビザなしで出国し、現地で3月21日まで滞在期限延長を許可されていた。現地は、滞在延長の申請を繰り返すことで、実相上の永住生活が可能だが、ついに、日本の警察が動いた。外国人が海外生活を送るうえで欠かせナイパスポートを失効させる荒療治を決断したのだ。

 「日本の旅券法上、外務省は2年以上の刑罰に該当する容疑者などに対し、旅券の返納を命じることが完了する。小向容疑者のような所在不明者の場合、返納命令が官報に掲載された後、20日間で本人に伝わったとみなし、穏当な一定期間を経た後、旅券は失効する」(大手旅行業者)

 その場合、滞在延長はもちろん第三国へ“高飛び”も不可能となり、現地から旅券不所持の不法滞在者として強制退去され帰国次第、逮捕されることになる。



http://news.livedoor.com/article/detail/5355752/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


小向 美奈子容疑者覚せい剤事件 警察当局、「旅券返納命令」を出すよう外務省に要請へ
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20110219-00000352-fnn-soci


それではまた次回!
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://chientame.blog100.fc2.com/tb.php/136-cae4f4e6

看護婦になる資格
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。