講演でわかったジャパネットたかた社長のハイテンションの理由 - エンタメ話 by.chitc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講演でわかったジャパネットたかた社長のハイテンションの理由

今回はブログ『N-Styles』からご寄稿いただきました。

講演でわかったジャパネットたかた代表のアゲ~な空気の理由
九州大学ベンチャービジネスラボラトリーが開催する起業家セミナーに参席してきた。単位取得も完了する大学の正式な授業として開催されたものだが、席が空いていれば部外者も参席可能となっていたので全15回中、2回だけこっそり潜り込んだ。

今回は2010年度の後期授業として、全15回開催され、各界で活躍する社会人が“働く”をテーマに講演を行った。演者の人選や招致は学生自身が行うという面白いシステムになっていて、キッザニアの代表や日経新聞の編集部長などバリバリ働いている方々に混ざって、ニートのpha氏が呼ばれるカオスっぷりが愉しい。

最終回の第15回は株式企業ジャパネットたかた代表取締役田明氏(以下、田氏)の熱い語りが堪能できた。

代表登場
予定より少し遅れて田氏が登場。就職説明会で午前中から福岡入りしていたが、そこで話が熱くなりすぎて時刻が伸びてしまったそうだ。「TVだと秒単位で管理されているけど、普段は時計を持た無いので」とのこと。

「九大にこんなに簡単に入れるとは思わなかった。この間は東大にも入れた」と軽いジョークからスタート。田氏は、長崎大学の受験に失敗し、大阪経済大学に入学している。

先日から1か月限定で『Twitter』を初めている(アカウントは@A_TAKATA)という田氏だが、『Twitter』上でソフトバンクの孫代表と交流していたりする。『Twitter』でも営業トークをするのはさすがとしか言いようが無い。

まずは、ジャパネットたかたを立ち上げるまでのエピソードから話し始める。スライドや原稿はなく、考えるまましゃべっているようだが、非常に分かりやすい。この原稿なしのトークが彼の理念と通じる部分がアルのだが、それについては後程度触れる。

ネジからカメラへ
真面目な学生というわけではなく、昼はパチンコ、夜はジャン荘の生活をしていたが、英語だけは真剣に勉強を続けていたという田氏は、“ネジを作る企業”に就職し、海外営業を担当した。当時は冷戦真っ最中だったが東欧へも出張し、ヨーロッパのほとんどの国に足を踏み入れ、8か月間のヨーロッパ滞在の後、25 歳で地元の平戸(長崎県)へ戻る。

田氏の実家は写真屋だが、当時は今と違ってカメラの所有率が低く、フィルムカメラなので現像も必要だった。…


http://www.excite.co.jp/News/net_clm/20110221/Getnews_98962.html
※この記事の著作権は配信元に帰属します


ジャパネット
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110122-00000002-pseven-bus_all


それではまた次回。
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://chientame.blog100.fc2.com/tb.php/141-c4285148

看護婦になる資格
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。