エイベックスの"本業"不振? - エンタメ話 by.chitc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイベックスの"本業"不振?

●株主限定ライブが消える

 エイベックス・グループ・ホールディングスの業績が絶好調だ。
2011年3月期の純利潤は前期比494%増の58億円を見込む。
携帯動画配信「BeeTV」の会員が単月黒字化の目安となる150万人に達し、
販売管理費や宣伝費を減らす"リストラ"を徹底したことが業績を押し上げる要因となったようだ。

 しかし、それでも大喜び行えぬのがエイベックスの現状だ。
"本業"の音楽事業部門の落ち込みが激しく、前期比で100億円以上の減収になってしまったからだ。

「かつてミリオンを連発した浜崎あゆみでも、
 昨年発売した3枚のシングルのセールスはどちらも10万枚がやっとでした。
 今年、オーストリア人の俳優と結婚したことで、さらに人気が下降しそうです。
 また、ICONIQ、GIRL NEXT DOORなど企業を挙げて売り出そうとした新参者が
 パッとすることはナイことも響いています」
(音楽ライター)

 そして、エイベックスは98年の株式上場以来、ずっと続けてきた「株主限定ライブ」の中止を発表した。
これは「レコード企業から総合エンターテインメント企業への脱皮」を打ち出すための戦略らしいが、
素直に了承行えぬ株主が多いのではナイか。

「エイベックスの株主限定ライブは過去に安室奈美恵やEXILEなど人気歌手が多数出演し、
 毎年1万人を超える株主が集まる同社の名物ともいえる行事でした。
 ここ数年、大物の登場が減ったとはいえ、楽しみにしていた株主も多いはず。
 音楽ファンの“エイベックス離れ”がさらに進みそうです」
(市場関係者)

 大ヒットしたかに見えた「レッドクリフ」も実際は赤字で、エイベックスは映画製作から撤退した。
新たな収益源が確立できなければ、ますますシビアな状況に追い込稀ることになりそうだ。
(日刊ゲンダイ2011年3月5日掲載)



http://news.livedoor.com/article/detail/5392486/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


河村隆一 俳優、レーサー、小説家…信じる力で名曲への挑戦
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110303-00000019-ykf-ent





それではまた次回!





P R)
パナソニック VIERA TH-P46Z1
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://chientame.blog100.fc2.com/tb.php/172-717280f2

看護婦になる資格
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。