「羽鳥が来るなら俺は辞める」 テレ朝紛糾! 新"朝の顔"羽鳥慎一に強烈な逆風 - エンタメ話 by.chitc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「羽鳥が来るなら俺は辞める」 テレ朝紛糾! 新"朝の顔"羽鳥慎一に強烈な逆風

chitcがエンタメニュースをお送りします。


 3月いっぱいで日本テレビを退社する羽鳥慎一アナウンサーが、
その翌月から他局のテレビ朝日で"朝の顔"に登場する異例の転身だ。

 羽鳥アナが登場するのは、テレビ朝日の朝の新情報番組(タイトル未定)。
3月で終了する『スーパーモーニング』に代わって4月にスタートする後番組で司会を務める。

 羽鳥アナと言えば、2003年から『ズームイン!!SUPER』の司会として、
日テレの朝の顔として人気のアナウンサー。
これまで他局を辞めたアナは一定期間を経て起用するのが慣例だったが、
今回は退社翌月からライバル番組に移動するという前代未聞の移動だ。

 羽鳥アナが日テレを退社する噂は昨年秋ごろから業界を巡っていた。
局内の年棒制度改訂によって、年俸が1,200万円→900万円にダウンしたことが理由だとも囁かれた。
オリコン調査の「好きな男性アナランキング」で5回連続ベスト3の羽鳥アナとあって、
フリー転向は確実視されていたが「早くから宮根誠司がバックアップする動きがあった」と証言する日テレ関係者もいた。
当然、今回の転身で年収が倍以上にアップするのは必至だろう。

 しかし、そうもすんなりいかないのがこの世の中。受け入れ側のテレ朝で、現場に嫌悪の色が出ている。
新番組を担当予定のディレクターは、
「自局に人材がいるのに、なぜ他局の人間に高い金を出してわざわざ引っ張ってくるのか理解できない」と憤っている。

「過去にもウチは、他局からフリー転身した女子アナを使って、
 自局女子アナが『悔しい』と号泣するようなことがあったのに……」

 『スパモニ』は18年も続いてきたテレ朝の長寿番組。
それに代わる新番組の重要な役に「自分が」と思った自局アナもいただろう。

「それがよりによってライバルアナに奪われたんですから、ショックを受けた男性アナもいます」(同)

 これは制作スタッフも同様だ。「仕事をするモチベーションが下がったので、これを機に辞めます」と、
中にはテレビ仕事から離れる人間まで出ているというのだ。

「テレビマンは給料の高い局員ばかりじゃないですからね。
 関連会社所属だと、一般企業と比べても安い給料で朝から晩まで働いていたりする。
 ウチの情報番組は地味かもしれないけど堅実な路線でやってきて、
 そういう仕事に誇りを持ってきた者もいるんです。
 正直、羽鳥アナはミーハーなキャラですから、一転してエンタメ路線にしろと言っているようなもの。
 やる気をなくす人がいても無理はない」(同ディレクター)

 多くの人間が関わる番組作りという作業は、裏方の熱意があってこそ完成度が高くなるもの。
開始前からこの状況では現場のギクシャクが番組のクオリティを落としかねない。
下手すれば周囲は敵だらけ……収入アップの羽鳥アナも、あまり浮かれてばかりはいられなさそうだ。
(文=鈴木雅久)


【関連記事】
「それでも年収1,000万超」テレビ不況の中『日テレ×労組』の対立が法廷へ!?
事件や災害と感覚は同じ!? 日テレ"非"正社員のストライキへの寛容さ
沢尻エリカ会見 たかの友梨と『ミヤネ屋』の露骨な"出来レース"はどこへ向かうのか



http://news.livedoor.com/article/detail/5403835/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


それではまた次回!
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://chientame.blog100.fc2.com/tb.php/176-6da2705d

看護婦になる資格
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。