【エンタがビタミン♪】「カズは神だ」。三浦りさ子のブログにも感動を伝えるコメントが殺到。 - エンタメ話 by.chitc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【エンタがビタミン♪】「カズは神だ」。三浦りさ子のブログにも感動を伝えるコメントが殺到。

chitcがエンタメニュースをお送りします。


3月29日に大阪で行われた
東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティーマッチ がんばろうニッポン!』で
キングカズこと三浦知良がゴールを決めて日本中を沸かせた。
44歳のカズがこの大舞台で見事に得点したことは
被災地そして多くの国民へ希望を与えたに違いない。

カズの奥さん三浦りさ子はこのチャリティーマッチを大阪のスタジアムで観戦した。
彼女はブログで「主人へ感謝感激」とその時の感動を記しているのだ。
それに対して多くの読者から「感動をもらいました」とのコメントが寄せられた。
その中に『カズと遭遇したことがある』という読者がその様子を詳細に綴っている。
それは彼が「キングカズは神だと思っている」と感じるのもうなずけるエピソードなのだ。

三浦知良の実家は静岡でもんじゃ焼き屋さんを営んでいる。
彼(読者)がその店でもんじゃ焼きを食べているとカズが入ってきたのだ。
カズは店の客全員に色紙を持ち出してサインしてくれたという。
感動した彼が食べ終えて会計に向かうと、レジでカズの妹さんが
「今日のお客さんの分は(兄が)全部出してくれましたから」と伝えてくれた。

サインや食事代を払ったから凄いというよりも
『やってもらう者が嬉しくなる』カズのさりげなさは誰もが真似できるものではない。
それがこのエピソードから伝わってくるのだ。
ちなみにこの時のカズの服装はやはりイタリアンだったそうである。

このエピソードは7年ほど前のことだという。
そんなカズの日常が今回のチャリティーマッチでのゴールにつながっているような気がするのだ。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

【関連記事】
「あの頃の自分に言葉をかけるなら?」。サッカー三浦知良の場合。
「さんまさん頼むよ」震災後、さんまを泣かせたおじさんのひとこと
「偽善だと思われても…」。SMAPが生放送で震災後の本音トーク。
GACKTから広がる「東日本大震災」被災地への支援の輪。
被災地に届け"希望"と"奏"。書道家とミュージシャンがメッセージ。

-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!
【参考】
三浦りさ子オフィシャルブログ


http://news.livedoor.com/article/detail/5458687/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


それではまた次回!
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://chientame.blog100.fc2.com/tb.php/201-d355c097

看護婦になる資格
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。