震災で美術展の中止相次ぐ 日本への貸し出しに難色 - エンタメ話 by.chitc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災で美術展の中止相次ぐ 日本への貸し出しに難色

chitcがエンタメニュースをお送りします。


 東日本大震災や福島第1原発事故の影響で、海外から借りる作品を目玉に据えた
美術展の開催中止や展示内容の変更が相次いでいる。
海外の美術関係者が、地震や原発問題で揺れる日本への作品貸し出しに
難色を示しているためだ。
横浜美術館(横浜市)は、ロシアのプーシキン美術館が所蔵する
フランス絵画約65点を展示する「プーシキン美術館展」(4月2日~6月26日)を中止した。
「プーシキン美術館とロシア連邦文化省から、震災や原発事故などにかんがみ、
現時点では日本へ作品を貸し出せないという判断が伝えられたため」という。
三井記念美術館(東京)は、米ホノルル美術館所蔵品による
「北斎展」(4月16日~6月19日)を「東日本大震災によるホノルル美術館側の事情」で中止に。


http://news.livedoor.com/article/detail/5453456/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


ベナール美術展:42人の作品展示 福井で4日まで /福井
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110402-00000265-mailo-l18


それではまた次回。
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://chientame.blog100.fc2.com/tb.php/202-50a6f419

看護婦になる資格
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。