【江~姫たちの戦国~】秀吉が「志村けんのバカ殿のよう」 NHK大河ドラマが喜劇に - エンタメ話 by.chitc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【江~姫たちの戦国~】秀吉が「志村けんのバカ殿のよう」 NHK大河ドラマが喜劇に

chitcがエンタメニュースをお送りします。


NHKの大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」がなんだかおかしい。


「時代考証がめちゃくちゃ」から始まって、
「主人公の演技にに無理がある」といった指摘に加え、
秀吉が「志村けんのバカ殿のようだった」という人もいる。

「江」は2011年1月から放送開始。

ビデオリサーチの調査によれば、当初の視聴率は22%前後で推移していたが、
6話で20%を切り11話は15.7%まで落ち込んだ。

「次回も見ますって言うのがなんか恥ずかしい」

「江」への批判は、主人公を演じる上野樹里さん(24)が
9~10歳の少女を演じることに無理があり、
上野さんの当たり役「のだめカンタービレ」の「のだめ」にしか見えないと騒がれた。
また、「時代考証がめちゃくちゃ」「わざとらしい脚本で笑いを取ろうとする」
などという意見も多く出た。

12話は11年4月3日に放送されたが、ネットではドタバタコメディーのようだったとし、
岸谷五朗さんが演じる豊臣秀吉について「志村けんのバカ殿のようだった」という感想もあった。
タイトルは「茶々の反乱」だったが、内容は、
秀吉から贈られた着物や食事を茶々が拒否するというもので、
「大災害が起きたこの時期に不謹慎な内容だ」と怒りを露わにする人もいた。
ちなみにこの日の視聴率は17.1%だった。

毎週放送を楽しみにしているファンも胸を痛めているようで、ネットのブログや掲示板に
「次回も見ますって正直に言うのがなんか恥ずかしいです」と嘆いている。

「大人の新たな展開が待っています」とNHK

また、SNS「ミクシィ」には1万5000人以上が参加している「江」のコミュニティーがあり、
そこには今回の12話の内容について
「また賛否両論になりそうな演出を。個人的には面白いんですけど、見ていてたまにハラハラします」
「苦々しい場面もあるかと思いますが大好きなドラマなので、
批判コメントが少しずつ減ることを願っています」
といったコメントが付いている。

NHK広報によれば、「江」の現在までの展開は当初の予定通りに進んでいる。
主人公の幼少期を子役ではなく上野さんが演じるのは、大人になる「江」の成長を視聴者が見て、
感情移入を強くしてもらうためなのだという。
はしゃいだ感じのシーンがあるのは子供時代を描いているからで、
「江はこれから、恋をし、結婚、そして時代の荒波の中で生きていきます。
子供時代とは違った大人の新たな展開が待っていますので、引き続き応援宜しくお願いします」
と話している。

【送料無料】江姫たちの戦国

【送料無料】江姫たちの戦国
価格:1,000円(税込、送料別)



■J-CASTニュースとは?
従来のマスコミとは違うユニークな視点で、ビジネスやメディアに関するさまざまな記事を発信しています。
読者投稿のコメント欄も充実!
売れ筋商品が一目で分かる!!売れ筋ウォッチがオープン!



http://news.livedoor.com/article/detail/5465960/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


秀吉が「志村けんのバカ殿のよう」 NHK大河ドラマが喜劇になった
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110404-00000004-jct-ent


それではまた次回!
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://chientame.blog100.fc2.com/tb.php/204-3bc97611

看護婦になる資格
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。