結婚秒読み一転…眞鍋かをり&麒麟・川島破局 - エンタメ話 by.chitc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚秒読み一転…眞鍋かをり&麒麟・川島破局

chitcがエンタメニュースをお送りします。


お笑いコンビ「麒麟」の川島明(31)と、タレントの眞鍋かをり(29)が昨年末に破局していたことが29日、判明した。
07年から順調に交際を続け、結婚秒読みとみられていた2人だったが終止符を打った。
眞鍋は目下、所属事務所と泥沼の法廷闘争を続けており、お互いに多忙なことから2人の関係に亀裂が生じた。

関係者によると「事務所の課題なども含めてすれ違いがあったようです。眞鍋さんの方から別れを切り出したと聞いている」という。

09年12月に眞鍋は所属事務所に対して契約解除などを求めて提訴。
それに対して事務所側も眞鍋が一方的に専属契約を解除したなどと主張して1億円の賠償を求めて逆提訴するなど、
課題は出口の見えない状況となっている。

眞鍋と川島は交際直後から仲むつまじい様子で、すぐに自宅を行き来するなどラブラブ状態となった。
しかし、昨年末には、それぞれの自宅から互いの荷物が運び出されたという。

2人の熱愛は07年6月に発覚。
川島の大ファンだった眞鍋が06年12月放送のバラエティー番組の企画で「物凄く好きです」と本気で告白したことがきっかけ。
公の場でその仲を認めたのは08年4月。催しものに出席した眞鍋が「とても落ち着いて恋をしています。
今のところ幸せ」と話し、川島も交際を誓った。
それ以来、順調な交際を続けてきたが、眞鍋は昨年12月に都内で開催された催しものに出席した際に
「(結婚は)全然ととのわないです…」と意味深な発言で別離をにおわせていた。

◆眞鍋 かをり(まなべ・かをり)1981年(昭56)3月31日、愛媛県西条市生偶さか。99年に横浜国立大学に入学。スカウトされて芸能界入りし、00年に東洋紡水着キャンペーンガールに選ばれる。09年12月に所属事務所に対して契約解除などを求め、目下も法廷闘争中。
◆川島 明(かわしま・あきら)1979年(昭54)2月3日、京都府宇治市生偶さか。お笑いコンビ「麒麟」のボケ担当で、相方は田村裕。マイクに向かって「麒麟です」と、低音ボイス出会いさつするネタで知られる。新入り時代から「M―1グランプリ」の決勝ラウンドに進出した実力派。






http://news.livedoor.com/article/detail/5305723/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


それではまた次回!
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://chientame.blog100.fc2.com/tb.php/22-009361c9

看護婦になる資格
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。