【ザ!鉄腕!DASH!!】「ダッシュ村その後」城島が村人と感動の再会果たす【TOKIO】 - エンタメ話 by.chitc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ザ!鉄腕!DASH!!】「ダッシュ村その後」城島が村人と感動の再会果たす【TOKIO】

chitcがエンタメニュースをお送りします。


 「ザ!鉄腕!DASH!!」(日テレ)で約10年もの長い間放送を続けてきたDASH村。
主にTOKIOメンバーらが、村人たちと共に昔ながらの生活を体験するという趣旨の番組で、
視聴者に暖かさや田舎の素晴らしさを思い出させてくれる番組です。

震災後、この村の所在地は福島県浪江町にあることが判明。
震度6の地震と大津波、そして原発事故により避難指示が出ており、
その後の村人たちの安否が心配されていました。

24日放送の同番組で、ようやく村の現在の様子や村人たちについて放送。
浪江町の沿岸部はあらゆるものがなぎ倒されるなど、当時の震災の悲惨さが伝わってきます。
村で飼っていた動物たちは「伊香保グリーン牧場」に、
柴犬の北斗はスタッフの家に預けられ、人々は避難生活を強いられています。

現在、漬物名人の三瓶孝子さんは福島市にある娘夫婦の家に仮住まい。
同じく福島市内に避難をしている、ダッシュ村を支えてくれていた村人たち数名も集合し、
城島と感動の再会を果たしました。

「避難生活は1カ月が限界」
「気のみ着のままで飛び出した」
「飼っていた牛は3頭死んだ。3日ごとに(村へ)戻って牛の世話をしに行ったんだが、
 人間がいないことに恐怖を感じているのか震えながら飼料を食べていた」
「蜂はそのままにしている」
「今回の震災は地震、津波、原発、風評被害、4つの被害が重なって身動きがとれない。
 姿の見えない幽霊につきまとわれ、右往左往して恐怖し不安を覚えている状態」
などと口ぐちに近況を報告。

親しみ深い村人の顔が見れて、ほっとしたと話す城島。
またいつか、村人たちによるDASH村が復活する日が来ますようにと、願わずにいられません。
 (文=ricaco)


●関連記事
岩手県の小さな村を大津波から救った「石碑」海外でも話題
つづく日本から台湾への感謝…台湾「温かく感じた」
地震の原因か? 気候変動が地球のプレートに及ぼす影響
日本のM9.0地震の音、アラスカでも聞こえていた
全国から注文殺到、福島県いわき市のワープロ修理専門店「元気でやってます!」


http://news.livedoor.com/article/detail/5513341/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


あぁ連敗…阪神・岩田、次こそ絶対勝つ!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110422-00000027-sanspo-base


それではまた次回。
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://chientame.blog100.fc2.com/tb.php/225-53d1c082

看護婦になる資格
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。