【ミコット・エンド・バサラ】マニアックな大人のアニメを数々手掛けた映画会社倒産の衝撃 - エンタメ話 by.chitc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ミコット・エンド・バサラ】マニアックな大人のアニメを数々手掛けた映画会社倒産の衝撃

chitcがエンタメニュースをお送りします。


 またまた佳作を手がけてきた映画関連会社が倒産した。
映画・映像の企画、製作管理、権利運用などを手掛けてきた
ミコット・エンド・バサラが、東京地裁へ自己破産を申請し、
4月21日に同地裁から破産手続き開始の決定を受けていたことがわかった。
負債は19億3800万円。

 前身となる会社は1997年12月に設立。
士郎正宗原作をアニメ映画化した「アップルシード」
「エクスマキナ‐APPLESEED SAGA‐」の
緻密な作品性は玄人筋の評価が高かった。

日本アカデミー賞優秀作品賞ほか4部門受賞「キサラギ」、
浅田次郎原作を映画化した「地下鉄(メトロ)に乗って」のほか、
「アタゴオルは猫の森」、「ぼくんち」、「青い春」、
「彼岸島」、「食堂かたつむり」などメジャー、インディーズを問わず
数々の話題作、意欲作を提供してきた。

しかしながら、独立系の映画製作・配給会社の経営が厳しくなる中で、
2008年に製作費未払いによる訴訟を制作会社から起こされた。
近年はヒット作に恵まれず、3月に
「アップルシード」最新作の展開を発表したばかりだったが、
資金繰りに行き詰まってしまったようだ。



http://news.livedoor.com/article/detail/5538383/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


マニアックな
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110506-00000006-ykf-ent


それではまた次回。
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://chientame.blog100.fc2.com/tb.php/237-d21bc6d6

看護婦になる資格
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。