ダウンタウン ナインティナイン 視聴率 - エンタメ話 by.chitc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダウンタウン ナインティナイン 視聴率

視聴率13.3%!
低迷したダウンタウン×ナインティナイン
"夢の競演"の舞台裏。



6月5日放送の、司会・ダウンタウンのバラエティー番組
『爆笑!大日本アカン警察』(フジテレビ系)2時間スペシャルに、
ナインティナインがゲストで登場。

遺恨があるとされていた両コンビの14年ぶりの競演が実現。
しかし、期待されていた番組の視聴率は
13.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、
同番組として過去最高ではあるが、予想外の低さとなった。

「ナインティナインはダウンタウンを尊敬していたものの、
 1994年1月1日放送の特番『ハッスルかましてよかですか?』(同局系)
 で岡村隆史が浜田雅功から手ひどくツッコまれたため、
 97年の『27時間テレビ』(同局系)は萎縮してしまいうまく絡めなかった。
 その後、2001年に『めちゃ×2イケてるッ!』(同局系)の
 『フジTV警察』『やべっち寿司』で浜田雅功とは共演。
 しかし、著書『松本』(朝日新聞社)で
 『ナイナイはダウンタウンのチンカス』と書いた松本人志と、
 ナイナイの共演は14年間ありませんでした」(スポーツ紙記者)

『アカン警察』では矢部浩之が先ごろ、
松本とプライベートで遭遇した際のエピソードを告白。
その際、矢部があいさつしたところ、
松本は矢部に「名前、"てら"っていうねん」と
連れていた娘のてらちゃんを紹介したという。

また、同番組中では岡村が松本の隣に並び、東野幸治から
「(2人で)漫才したら?」と提案され、
2人で東野に「めちゃくちゃや」とツッコむ一幕もあった。
雪解けムードの両者だが、今回の競演の裏には、
スタッフサイドの思惑が見え隠れするという。

「『アカン警察』は、『ダウンタウンのごっつええ感じ』(同局系)以来
 初のダウンタウンが2人で出演する日曜20時枠でのレギュラー番組。
 ところが視聴率は低迷し、5月15日の放送はわずか7.9%と横並び最下位を記録、
 そのテコ入れの意味での競演でもあります。
 また、松本人志は6月11日公開の監督映画『さや侍』を目前に控え、
 プロモーションの真っ最中。
 雑誌『月刊EXILE』(LDH)では、EXILEのMATSUと対談したり、
 女性ファッション誌『CUTiE』(宝島社)にも
 インタビューが掲載されるなど、多方面にアピール中。
 前作『しんぼる』が大コケしているだけに
 今回は少しでも話題作りをしようと必死の模様です」(同記者)

97年のナイナイのように過度に萎縮してしまうと、
ダウンタウンとしてもイジリようがなく、
そのためさらに怒りを買ってしまうという悪循環が起きた。

ダウンタウンは自分から絡んでくる若手には寛容で、
今回の『アカン警察』でもピース・綾部祐二が
浜田の過去の発言の矛盾を指摘すると、
浜田は「うるさい」と笑いながらツッコミを入れていた。

ダウンタウン、ナイナイともに経験を積み、
積年のわだかまりを捨て去った両者の今後の展開に注目したい。




http://news.livedoor.com/article/detail/5616202/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


【E3 2011】郷に従ったVITA…平林久和「ゲームの未来を語る」(E3特別編)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110607-00000022-isd-game


それではまた次回!
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://chientame.blog100.fc2.com/tb.php/270-08c09acd

看護婦になる資格
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。