シノラーこと篠原ともえ、女優として新境地!喪服姿で涙を流す31歳の女性の色香漂う! - エンタメ話 by.chitc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シノラーこと篠原ともえ、女優として新境地!喪服姿で涙を流す31歳の女性の色香漂う!

chitcがエンタメニュースをお送りします。


 タレント篠原ともえが出演している短篇映画『避けられぬ事』が
第40回ロッテルダム国際映画祭のスペクトラム部門に招待され、現地時間29日、上映が行われた。

 同作品は早稲田大学大学院国際情報通信研究科安藤紘平研修室に留学し、
現在は日本を拠点に活動しているシンガポール出身の気鋭作家エドモンド楊が監督。
すでに昨年末に行われたアラブ首長国・ドバイ国際映画祭にも出品されている。
物語は、交通事故で死亡した同級生の葬儀に参列するために、
久々に故郷で再会を果たしたナオコ(杉野希妃)とサユリ(篠原)が主人公。
因縁ある2人の再会は、ぞれぞれの人生を大きく変えていくことになるという、22分間のほろ苦い人間ドラマだ。

 篠原と言えばかつて、独特のファッションと超ハイテンションのキャラクターで
「シノラー」旋風を巻き起こしたことも記憶に新しい。
現在も石野卓球プロデュースでアルバムをリリースしたりファッションデザインを手掛けるなど、
アーティストとして幅広く活動を行っている。
そんな明るいイメージの強い篠原が『避けられぬ事』では一転、
「静」の演技に徹しているのが新鮮だ。映画後半には、今は亡き愛する人を想い、
喪服姿でハラハラと涙を流すシーンに挑むなど、ならではの、大人の女性の色香を漂わせている。

 本作品の日本上映は未定だが、
女優・篠原ともえの新たな一面を開花させた作品として注目を浴びそうだ。(取材・文:中山治美)



【関連情報】
・海老蔵そろそろ解禁?三池崇史監督、海老蔵主演の時代劇を編集中!映画祭に出席できず
・欧州でカルト的人気!井口昇監督ふんどし一丁でロッテルダム国際映画祭、衝撃の晴れ舞台!
・性同一性障害の現代アーティストを彼から彼女になる8年間を『ウォーターボーイズ』俳優・松永大司監督が描く力作上映
・性的なテーマで修道女を描きローマで上映するも拍手喝采!井上都紀監督、感無量!
・松本人志監督の新作映画ついに始動!?所属事務所は「まだ企画が進行中の段階」と口を閉ざす



http://news.livedoor.com/article/detail/5306929/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


それではまた次回!
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://chientame.blog100.fc2.com/tb.php/35-dcf60111

看護婦になる資格
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。