『白夜行』の堀北真希、初のベルリン映画祭に持って行きたいものは? - エンタメ話 by.chitc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『白夜行』の堀北真希、初のベルリン映画祭に持って行きたいものは?

chitcがエンタメニュースをお送りします。


『白夜行』の初日舞台挨拶に登壇した堀北真希と高良健吾東野圭吾のミステリー小説を映画化した『白夜行』が1月29日に公開され、新宿ピカデリーで初日舞台挨拶を開催。堀北真希、高良健吾、船越英一郎、深川栄洋監督が登壇し、撮影苦労話や、本作が第61回ベルリン国際映画祭パノラマ部門に正式出品されることについての喜びを語った。
【写真をもっと見る】堀北真希は薄い水色のワンピースで登壇
『白夜行』では、ある殺人事件の加害者の娘・雪穂(堀北真希)と、被害者の息子・亮司(高良健吾)が密かに犯罪に手を染め、昼間の太陽を感じられない白夜のように悲しい人生を送る。既に2005年に舞台化、2006年に山田孝之と綾瀬はるかを迎えてドラマ化されたが、今回は小説をより忠実に映像化した点に注目したい。
本作で初の悪女役を演じた堀北は「確信を得る何かが見えなくて難しい作品でしたが、いろんな方の力を借りて撮影に挑みました」と満足気な笑みを浮かべて挨拶。高良は「監督が役者と同じくらい悩んで、撮影で6kgやせました。そんな素敵な監督が作った映画です」と、深川監督をねぎらった。
撮影中に一番苦労した点を尋ねられると、堀北は社交ダンスの練習だったと言う。「何ヶ月も頑張って練習して、2曲くらい踊れるようになったのですが」と言った彼女の目線に気づいた深川監督は「カットしました(笑)」と発言。高良も「撮影中は良い気分じゃなかったです」と激白し、船越も「いつものアグレッシブで人情過多な演技を封じて演じました」とコメント。深川監督は「皆さんを苦しめたんだなと(苦笑)。でも、それが苦しんでる登場人物と合うんじゃないかと信じてやっていました」と力強く語った。
今回、ベルリン映画祭への出品が決定し、それを祝っての巨大クラッカーが鳴った。監督は「ベルリン映画祭は通常ちょっととがった映画が行って、日本の商業映画が行くってことは本当にないんです。今回、ベルリンに行くことは映画界にとっても意味があると思います」と語った。堀北も初の海外映画祭に行けるということで「なかなか実感が沸かなくて。でも、行かせてもらえることになったので、思い切り感じたいなと」と、喜びの表情を浮かべた。ちなみに「持って行きたいものは?」と振られると「うーん。カメラ、持って行きます」と明るく答えた。
本日封切られ、今後ベルリンの評価も気になる『白夜行』。切なすぎるクライマックスに観客は何を感じるだろうか。堀北真希、高良健吾の静かな熱演が冴える力作は、見終わった後、多くの人々の心を波立たせるに違いない。【Movie Walker/山崎伸子】
【関連記事】
・ 『白夜行』作品紹介&上映スケジュール
・ 『白夜行』舞台挨拶で堀北真希が過去の悪事を暴露! (MovieWalker)
・ 堀北真希主演『白夜行』が第61回ベルリン国際映画祭に正式出品決定! (MovieWalker)
・ 『白夜行』の堀北真希&高良健吾がプラネタリウムで語った今年の抱負とは (MovieWalker)
・ 『白夜行』堀北真希や高良健吾「辛いものに真正面から向き合った」 (MovieWalker)




http://news.livedoor.com/article/detail/5304692/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


それではまた次回!
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://chientame.blog100.fc2.com/tb.php/4-9449323a

看護婦になる資格
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。