【エンタがビタミン♪】バブルの頃は、「しなくても、チップは100万円。」銀座ホステス時代、岡本夏生のオイシイ思い出。 - エンタメ話 by.chitc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【エンタがビタミン♪】バブルの頃は、「しなくても、チップは100万円。」銀座ホステス時代、岡本夏生のオイシイ思い出。

今から一年前は全く仕事が無かった、岡本夏生。本人のブログでも“激動の365日”と書いているが、たった一回の『サンデージャポン』(TBS系)の出演がきっかけとなり、見事に彼女は地獄から蘇ってきたのだ。

「東京に出て来たばかりの時も、モデルの仕事だけでは生活はできなかった。」と、後輩の女芸人に語る岡本夏生。そのため岡本は、銀座のクラブに勤めていた。この1980年代後半は、バブル真っ盛りの時期で有る。お客の横に座ってお酒の相手をするだけで、100万円のチップを貰うことも珍しくなかったという。その男性は岡本だけでなく、同じ席にいる4~5人のお店の女性全員に配るのだ。何千万もの現金円を持った客が超高級なお酒のボトルを何本も開け、帯の付いた札束をお店の女性にチップとして配る―そんな光景が日常茶飯事だったと、岡本は語る。
バブルを知らナイ後輩たちは、目を丸くして驚き「でも本当にただ座っているだけで、そんなに貰えたんですか?」と疑っていた。いくら当時の岡本が若くて魅力的であっても、Hすることはナイでそんなに貰えるはずがナイ―と思うのは無理も無い。すると岡本は、「するならお金円の桁が違う。1000万単位よ。」とサラッと言った。世の中が完全に狂っていたのだが、「私は運が良かった、バブルの時代で。仕事が無くても生活できたから。」その後1990年代に入り、彼女はハイレグを武器に芸能界をのし上がっていった。

2月2日深夜放送の『おもろゲ動画SHOW』(TBS系)で共演していた武田修宏が、「あの頃の杉本彩さんや岡本夏生さんは、本当にキレイでスタイルが良くて男たちはみんな、お近づきになりたかった。」と振り返る。岡本は「たくさん寄ってきたわよ、男たちがホントに。でも今は、誰も来やしねぇ。」と大笑い。
「男性経験もどれくらいの人数かも、わからナイ。もしかしたら、4桁かも。」と、あくまでも明るく下品な話も堂々と赤裸々に話す岡本には、この番組MCの吉田(ブラックマヨネーズ)も完敗であった。
(TechinsightJapan編集部 みやび)

【関連記事】
・お昼番組で“腰をフリフリ”“胸の谷間どアップ”。調子にのる岡本夏生。
・振る舞いがキムタクみたいになった、インパルス堤下。
・ブラマヨ吉田、19歳の時に60代の女性と経験した過去を赤裸々告白。
・「“ブツブツ”をありがたいと思え!」ケーシー高峰がブラマヨ吉田を一喝。
・「徳井と俺はチョウとダンゴ虫」。ブラマヨ吉田の深く哀しい物語。
-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルー出来んニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!

【参照】
・岡本夏生オフィシャルブログ「人生ガチンコすぎるわよ!」


http://news.livedoor.com/article/detail/5321869/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


芸も事業も講談調 「湧楽座」館長の人生山あり谷あり
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110205-00000525-san-soci
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://chientame.blog100.fc2.com/tb.php/68-418229a0

看護婦になる資格
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。